親の障害をきっかけにトイレをリフォーム

自宅のトイレは和式、扉の開け閉め必要な洋式、さらに、バリアフリーの洋式に変化していってします。
親が病気の後遺症のために車椅子になったのをきっかけにして、本格的なバリアフリーの洋式トイレに
リフォームしたのは、自宅一階のトイレです。二階にあるトイレは、洋式ではありますが、一階のトイレとは、
完全に異なった所があります。トイレは扉があるもの、たしかにそうです。
しかし、車椅子ともなれば、トイレの戸口の扉はあったら邪魔の何物でもありません。
その代わりに、隣の部屋に出る直前に仕切りの引き戸をつけてもらっています。
実際に、自分が入ってみると、困る点は、お風呂と洗濯機のあるスペースにトイレがあるので、
その間は用事が出来ない、と言うくらいでしょうか。
バリアフリーは本当は、全ての人に優しいスタイルのはずです。
手を怪我した時、肘で水洗レバー操作が出来て感動しました。ウォシュレットも助かりました。
最後は、カーテンめくって、足で引き戸をあけます。私は便利さを実感していますので、トイレリフォームの値段は良かったと
思っています。

英語のリスニングはトレーニング

英語の勉強は理解するものや繰り返しのトレーニング、単語など新しく意味を覚えるなど組み合わせて行いますが、特にリスニングはトレーニング的な勉強方法が有効だと思います。文法などは文の仕組みや法則などを理解する部分が勉強として大きいですがリスニングは何度も聞いて発音になれるという部分が大きいと思います。

特に日本語は子音と母音がセットになったような音の単語や文章が基本にありますが、英語には子音同士の音が続いたりして日本には無い音が存在し、それが日本人にとってリスニングの理解の壁となっています。またRやLの発音なども区別がつきにくくカタカナによる外来語表記もまた、リスニングの妨げになっています。

いずれにしてもそれらの英語リスニング力を鍛えるには何度も聞いて、リスニングトレーニングを行い、日本語に無い音でも聞き分ける能力をつけることが大切です。単語や文法の知識もそれに加えて増やしながらリスニング力をつけていく必要があります。

極寒の森の中でエンスト

日本での話ではありませんが、私が学生時代、ロシアに留学していた時のことです。新年をロシア人の友人の田舎で迎えようと誘われ、都市モスクワから列車に一晩乗り、田舎町までやってきました。もちろん季節は冬で、ロシアですからものすごい雪。気温は当たり前のように氷点下20℃です。
ロシアでは冬場、森林の中で焚き火をしてウォッカを飲んだり軽食を食べたりする習慣があり、私と友人たちも車で森に向かいました。田舎なので、周りは360度森に囲まれています。乾杯して白樺林の散歩を楽しんだあと、さぁ帰ろうと車のエンジンをかけようとしましたが、動きません。当時のロシアでは、新車に乗れるのはごく一部のお金持ちだけで、とんでもないオンボロの車が一般的なものでした。当然友人の車もかなり年季が入っていて、エンストを起こしてしまったようでした。
極寒で、周囲はどこまでも延々と続く針葉樹林の海…振り続ける雪…動く様子のない車。私の頭に一瞬死がよぎりましたが(笑)、ふと見るとロシア人達は慌てる様子もなく、外に出て車を押して動かし始めました。そうしているうちに突然エンジンがかかり、無事に町まで帰ってこられたのですが。
ロシアでは寒さのあまりエンジンが動かなくなることはよくあることだということです。肝を冷やした出来事でした。そしてロシア人の落ち着きっぷりも大したものでした。恐るべしロシア人。不動車の買い取りなら

応接間に好みのピンク色のカーテン

家を新築した時に、応接間を作りました。この部屋は普段は使わず、お客さんの来訪用です。なので、洒落た雰囲気にしたいと考えていました。

大手の建築業者に依頼したので、専属の女性のインテリア・コーディネーターさんが付いてくれました。カーテンについては、応接間のものは、施工業者に頼むことにしたので、このコーディネーターさんと相談することになりました。注文するこのカーテンは値段もかなり高いのです。

カーテンについての相談が始ったとき、「応接間のカーテンは、どんな色がいいですか?」と聞かれたので、「よく分りません。」というと、「じゃあ、どんな色が好きですか?」と聞かれたので、「ピンク」と答えました。そして話が進み、ピンク系の色でカーテン地を探していただけることになりました。応接間にピンクというのも派手すぎるような気がして、似合うかどうか不安がありましたが、おまかせしました。

それからしばらくして、お勧めのおしゃれカーテン生地のカタログを持ってきてくださいました。それを見てびっくりしました。私のイメージで考えていた生地以上に、私の希望にぴったりの色合いや風合いや柄だったのです。派手なピンクではなく、地味目でしっとりした、やや濃いめの渋い色ですが、光沢があります。しかも和風の細かい地模様があり、光の加減で複雑な美しさなのです。しかも、大手の建築業を通しての注文なので、かなり値がする商品だったのですが、その中でも、この素材は、ややリーズナブルでした。この点も魅力でした。

言って見れば、コーディネーターさんは、我が家の雰囲気や私の好み、経済面など、全てを察して最適なものを紹介してくださったのです。

とても気に入り、これに決めたのですが、それでも、ピンク地なので、仕上がりが派手すぎないかと微妙な不安はありました。しかし、カーテンが仕上がって応接間の窓に吊るしてびっくりしました。素晴らしく豪華で華やかでしかも落ち着いた色で素敵なのです。

そして、ヒダがたくさんあり、ヒダのふくらみが飛び出すように綺麗に横に並んでいます。こういうヒダのつくりが良いカーテンなのですとコーディネーターさん言われました。

その後はカーテンを開けている時も、ヒダの形をきれいに整えてからカーテン留めに留め、ヒダの姿をつまでもきれいに保つように工夫しています。

やはり、お客が来る場所のカーテンは、高めでもいいものを注文する価値はあると思いました。カーテンをいくつかのランクごとに、専門業者に注文するものと、自分で安く買うものとに分けるのがいいと思います。

ファイナンシャルプランナーの取り扱う分野

ファイナンシャルプランナーが取り扱っている分野は、非常に多岐にわたっているのではないかと考えられています。多くの分野が和たち舌の日常生活に根付いたトピックであるとされており、身近な出来事に対するアドバイスやプランニングを行うことが主な業務となっているのではないでしょうか。雇用問題や税金まつわる問題が特に扱われる頻度が高くなっており、個人や法人を問わず多様な相談がなされているのではないかと思います。
このようにして日常生活に身近な話題を扱う傾向の強いファイナンシャルプランナーの2級は、多くの人たちの役に立っているのではないかと考えられています。近頃では業種に関わらずファイナンシャルプランナーが活躍していると考えられているため、これまで以上に多様なトピックを扱うようになっていくのではないかと思います。今後もこうしたファイナンシャルプランナーの動向には、多方面から関心が向けられるようになっていくものと推測されています。

読みやすく丁寧に書かれた文字は

一言で綺麗な文字というのはどのようなものか、これは難しい物です。
たいてい聞かれると、丁寧に読みやすく書いてある文字は印象的にも良いし、本来の文字の役割を果たしていますよ、と
言います。とめ、はね、はらいをきちんと書く、一般的に良く言われますが、漢字は線と線の間隔、点画の角度、余白のとり方に注意して、漢字より仮名は小さめに書く、用紙の中での文字の大きさ、字間、行間は、文字の見え方を左右します。
兄弟は、書道を習ったことはないけれど、立派に小学生に書き方を教え、筆字も教えています。それは理論がわかっているからです。私も見て、読みやすいな、黒板にこれが書いてあったら、綺麗だろうな、と思います。

字をきれいに書く方法

字粒に大きな差はなくて、文章も、中心ラインがすーっと通っています。
普通に考えても、一点一画きちっと書いてあって、前述のことが守られていると、その文字は綺麗にみえます。
そして、手書き文字で外せないのが、書き順です。書き順は、綺麗に書くための物ですから、頭に叩き込んでおくことです。

屋根建材型と屋根置き型のシステム

住宅に設置するパナソニック太陽光発電モジュールの設置方法は、大きく分けて2種類があります。1つが「屋根建材型」、もう1つが「屋根置き型」です。
屋根建材型とは、屋根などの建材と太陽電池が一体化されており、そのままで建材として利用できる太陽光発電モジュールのことをいいます。このタイプのメリットとして、屋根と太陽電池が一体化している分景観に違和感がないこと、架台などを必要としないため仕上がりが軽量になること、追加で工事を行う必要がないため工期を短縮できたり屋根の負担を小さくできること、などが挙げられます。
屋根置き型とは、屋根に架台を取り付けて、その上に太陽光発電モジュールを設置するタイプのことをいいます。このタイプのメリットとして、太陽電池モジュールとしての性能を考えれば建材型よりもコストが割安なこと、屋根とモジュールの間に適度な感覚が存在するため発電の効率がよくなること、固定資産税がかからないこと、などが挙げられます。

レシートは有効なアイテムです。

私は以前、旦那の不倫の証拠を押さえました。きっかけは飲食店のレシートをスーツのポケットから見つけたことです。たまに会社の同僚と飲んで帰ったり、ラーメンを食べて帰った時のレシートが入っていることはありました。ですが、その時のレシートはおしゃれなイタリアンのお店のものでした。また、金額もちょうど2人分くらいでした。私は直感的に旦那は女性と食事したのだと思いました。そこで携帯の発信リストを携帯会社から取り寄せました。すると、私や義母、会社以外に頻繁に電話をかけている番号を見つけました。その2つの証拠を旦那に突きつけました。はじめのうちはしらを切っていましたが、私がじゃあその携帯番号に今から電話をしてみよう」と言うと大人しく白状しました。その後、旦那は女性と別れたそうです。まさかレシート1枚から不倫がばれるとは思っていなかったそうです。レシートは日付や時間、食べた物やお店によっては入店時の人数も書いてあるので証拠をつかみやすいアイテムだと思いました。

不倫の証拠